腱鞘炎について

 

腱鞘炎は主に指の付け根に痛みや腫れが起こることが多く、ドケルバン病やばね指もまた腱鞘炎の一つです。腱鞘の部分は筋肉と骨をつないでいる腱を包んで、腱自体が滑らかに動くようにしている組織のことであり、腱鞘炎は腱鞘の部分と腱がこすれあってしまい炎症を起こしている状態のことを指しています。

 

腱鞘炎の原因

 

腱鞘炎の原因としてまず挙げられるのは、手首や指の使い過ぎであり、まず手の甲に腫れが生じ次第に痛みを感じるようになります。この状態が過ぎると親指を曲げたり広げたりするのが困難になり、手首が痛んできます。

 

このような状況になるのは、スマートフォンやパソコンでのキーボード操作がきっかけとなることも多く、テキストサム損傷とも言われることがあります。

 

腱鞘炎の原因は様々

腱鞘炎は指をよく使う人や、ボールなどを握る機会が多い人に多くみられますが、妊産婦や更年期の女性にも多く発症する傾向があります。このようなことから腱鞘炎は女性ホルモンの分泌も関連していると考えられており、原因の一つになっています。

 

さらに糖尿病がきっかけとなって腱鞘部分の変化が生じ、質が低下し発症することもあります。手は日常的に使用する部分でありますが、あまりにも安静にしてしまうと関節部分が固まってしまうおそれもあります。

 

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せください

 

腱鞘炎でお悩みなら あんど整骨院・整体院にお任せください。

当院は可能な限り早く体の「痛み・不調」を解消し、健康な状態を維持すること、また、「痛み・不調」によって今まで制限されていた趣味や健康的な生活を取り戻すことを目標に様々なアプローチを駆使して施術を行っています。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

初回のみ特別施術を
限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療